コードの優劣 — 未来のパフォーマンス要件に向けた準備

インテル® テクノロジーのパワーとパフォーマンスを貴社のアプリケーションでご活用いただくためのヒントをご紹介いたします。参加は無料です。 席数に限りがございます。インテルが誇る最先端のツールと技術について学び、アプリケーションの機能強化、スピードアップ、スマート化にぜひともお役立てください。 インテル®ソフトウェア・デベロッパー・カンファレンス2017では、午前中に基調講演と製品デモ、午後に高性能コンピューティング、機械学習、ディープラーニング、ロボティックス、ゲーム、IoTの各分野における最新技術と手法をテーマとしたラーニングセッションを予定しております。 他社の成功事例と最新の手法から学ぶことのできる、またとないチャンスです。ぜひ未来のコンピューティング環境を実現するうえでの参考にしてください。

ご登録は今すぐ:

  • 既存のコードや新しいコードをモダナイズして、インテル® Xeon®、インテル® Xeon Phi™プロセッサーのパフォーマンスを最大限に高めていくためのヒントを紹介します
  • インテル® アーキテクチャーで最高のパフォーマンスを実現するための最新のプログラミング方法とツールについて解説します
  • 注目のプログラミング分野をテーマとした4つのセッションで有益な情報を学び、スキルアップを図ることができます
    • HPCツール
    • IoT、ロボティックス、ゲーム
    • データセンター
    • クラウド
開催日:
2017年9月28日(木)
会場:

東京ミッドタウンホール&カンファレンス
107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-1

2017年9月28日(木)

9:30 - 9:40
ご挨拶
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
講演者プロフィール

インテル コーポレーションのセールス & マーケティング・グループ 副社長 兼 インテル株式会社 代表取締役社長。日本のセールスおよびマーケティング業務を統括。2000 年に日本市場のリサーチ・マネージャーとしてインテルに入社。シニア・マーケティング職を歴任。最近では、アジア・フィック地域のマーケティング & コンシューマー・セールス・ディレクターとして、多様な地域全体にわたってブランドおよびプロモーション・マーケティング戦略と執行を指揮。また、インテル株式会社のマーケティング・ディレクターとして、ブランド、キャンペーン、製品 (デスクトップ、モバイル、組込みおよびサーバーを含む)、法人営業の責任者を務めた実績もある。日本におけるインテルブランド活性化の取り組みが評価され、2006 年にインテル・アチーブメント・アワードを受賞。
これまでの経歴は、1990 年にトマス・ジェファーソン大学病院で市場調査アナリストとしてキャリアをスタートし、その後、ペンシルベニア大学ヘルスシステムでシニア・リサーチ・アソシエント、JMRB Research International で調査企画次長を務める。社会学の学士号と修士号を取得。

9:40 - 10:25
インテルのソフトウェアリーダーシップと データーセンターソリューション
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
講演者プロフィール

インテル株式会社 執行役員 技術本部長。1988 年にインテルジャパン株式会社 (当時) に入社後、デザインセンターを経て、ナショナル・アプリケーション本部でテクニカル・マーケティング・エンジニアとしてハードウェア・ベンダーのサポートを行う。その後、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブック PC 開発やモバイル戦略を技術面より支える。これまでの経歴を活かし、2012 年より現職に従事。

10:25 - 10:40
休憩
10:40 - 11:10
インテルの最新不揮発性メモリソリューションでデータセンターが変わる
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM  データセンターAE ディレクター
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM データセンターAE ディレクター
講演者プロフィール

インテルコーポレーションの不揮発性メモリー・ソリューション・事業部 アプリケーションエンジニアリング ディレクター。16年間リセラープロダクトグループ、モバイルプラットフォームグループ、チャネルプラットフォームグループなどのさまざまなグループに在籍、また4年間上海と台北で働いていた。また、スタンフォード大学で学位、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを取得。

11:10 - 11:40
来たるエクサスケール時代に備えたペタスケールでの知見の適用
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
講演者プロフィール

ジョゼフ(ジョー)カーリーはインテルのエンタープライズ&ガーバメントグループでコードモダナイゼーション部門のシニア・ディレクターです。最新のマイクロプロセッサーや計算機インフラから、現在、そして、将来にわたり、エコシステム・パートナーが最大の効果を得られるように支援するプログラムを担当しています。ジョーは2007年にインテルに加わり、2010年5月に発表されたIntel®MIC アーキテクチャの製品プランを管理してきました。インテルに入社する前は、デルPrecisionワークステーションと消費者/中小企業デスクトップ製品を推進する仕事を数々のエンジニアリング担当業務とともに行いました。彼はそのキャリアを、グラフィックス先駆者ツェンLabsから始めています。

11:40 - 12:25
インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ プロセッサーを用いた並列プログラミング
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
講演者プロフィール

インテル® ソフトウエェア&サービス グループの開発製品部門の主要エンジニア。2000年にインテルに入社。社内外の並列コンピューティングを促進。2010年にインテルラボに移り、カリフォルニア大学バークレー校のユニバーサル並列コンピューティング研究センターやイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校など、学界のさまざまな研究プログラムのプログラムマネージャーに就任。インテルに入社する前は国防総省の高性能コンピューティング施設である米陸軍技術者研究開発センターMSRCのサイエンティフィックコンピューティングディレクターを務める。また、ルイジアナ州立大学の生化学の学士号、ファインバーグ医科大学の医学情報学のMS、アラバマ大学バーミングハム校分子遺伝学の博士号を取得。コンピューティングライフサイエンスやハイパフォーマンスコンピューティングに幅広く携わってきた。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で情報科学の第2博士号を取得して4年を過ごした後、インテルに再入社。そこでは、医療情報や化学暴露の問題に関する応用情報学と機械学習の専門知識を確立。

12:25 - 13:25
昼食&デモショーケース
13:25 - 14:10
インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーとその アーキテクチャー
堀越 将司 (Masashi Horikoshi), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 シニア・アプリケーション・エンジニア
堀越 将司 (Masashi Horikoshi), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 シニア・アプリケーション・エンジニア
講演者プロフィール

インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 シニア・アプリケーション・エンジニア。
2006 年から現職に従事。これまで HPC の分野でスパコン向けに ISV や製造業、大学、研究所のアプリの並列化、最適化およびベンチマーク業務に貢献してきた。また、2012 年から2015年まで次世代のインテル® Xeon Phi™ アーキテクチャー向けにアプリと並列ランタイムの最適化業務に従事。『Intel® Visual Fortran リファレンスガイド』 (カットシステム 刊) および『インテル Xeon Phi プロセッサーハイパフォーマンス・プログラミング(日本語訳)』 (カットシステム 刊)の著者でもある。博士 (工学)。

14:10 - 14:20
休憩
14:20 - 15:05
最新の高機能開発ツール「インテル® Parallel Studio XE 2018」のご紹介
小林 永欣 (Nagayoshi Kobayashi), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
小林 永欣 (Nagayoshi Kobayashi), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
講演者プロフィール

インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア。
2000年から現職に従事。これまでコンシューマー・エンタープライズ分野でアプリケーションの最適化、並列化、サーバー仮想化の支援、またモバイル向け開発者支援業務など幅広い活動に貢献してきた。現在は IoT 分野でクラウドサービスを含めたソフトウェア開発支援や新規パートナーの開拓に従事。

15:05 - 15:25
休憩&ショーケース
15:25 - 16:10
最新のParallel Studioを用いた迅速なベクトル化と並列化手法
池井 満 (Mitsuru Ikei), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 シニア・スタッフ・エンジニア
池井 満 (Mitsuru Ikei), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 シニア・スタッフ・エンジニア
講演者プロフィール

インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 シニア・スタッフ・エンジニア。2006 年から現職に従事。これまでプロセッサーに追加される拡張命令の利用方法やハイパフォーマンス・コンピューティングの分野で性能解析やチューニング業務に貢献。2006 年 ACM スーパーコンピューター・カンファレンスにおいて、理化学研究所とゴードンベル賞を受賞するなど長年の経験と実績を持つ。博士 (工学)。

16:10 - 16:20
休憩
16:20 - 17:05
人工知能の将来を実現
ダミン・チアン (Da-Ming Chiang), インテル コーポレーション データセンター事業本部 人工知能部品部門 ソリューションアーキテクト 
講演者プロフィール

インテル人工知能製品グループ(AIPG)ビジネス開発チームのソリューション・アーキテクトです。担当は、お客様のプラットホームにインテルAIソリューションを導入するサポートを行います。専門は統計的な信号処理アルゴリズムの開発で、組み込み用システム、無線システム、サーバーやクラウド構築や自動音声認識に携わってきました。現在はこれらのシステムにAIを導入してスマート化を行っています。PhD

2017年9月28日(木)

9:30 - 9:40
ご挨拶
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
講演者プロフィール

インテル コーポレーションのセールス & マーケティング・グループ 副社長 兼 インテル株式会社 代表取締役社長。日本のセールスおよびマーケティング業務を統括。2000 年に日本市場のリサーチ・マネージャーとしてインテルに入社。シニア・マーケティング職を歴任。最近では、アジア・フィック地域のマーケティング & コンシューマー・セールス・ディレクターとして、多様な地域全体にわたってブランドおよびプロモーション・マーケティング戦略と執行を指揮。また、インテル株式会社のマーケティング・ディレクターとして、ブランド、キャンペーン、製品 (デスクトップ、モバイル、組込みおよびサーバーを含む)、法人営業の責任者を務めた実績もある。日本におけるインテルブランド活性化の取り組みが評価され、2006 年にインテル・アチーブメント・アワードを受賞。
これまでの経歴は、1990 年にトマス・ジェファーソン大学病院で市場調査アナリストとしてキャリアをスタートし、その後、ペンシルベニア大学ヘルスシステムでシニア・リサーチ・アソシエント、JMRB Research International で調査企画次長を務める。社会学の学士号と修士号を取得。

9:40 - 10:25
インテルのソフトウェアリーダーシップと データーセンターソリューション
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
講演者プロフィール

インテル株式会社 執行役員 技術本部長。1988 年にインテルジャパン株式会社 (当時) に入社後、デザインセンターを経て、ナショナル・アプリケーション本部でテクニカル・マーケティング・エンジニアとしてハードウェア・ベンダーのサポートを行う。その後、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブック PC 開発やモバイル戦略を技術面より支える。これまでの経歴を活かし、2012 年より現職に従事。

10:25 - 10:40
休憩
10:40 - 11:10
インテルの最新不揮発性メモリソリューションでデータセンターが変わる
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM  データセンターAE ディレクター
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM データセンターAE ディレクター
講演者プロフィール

インテルコーポレーションの不揮発性メモリー・ソリューション・事業部 アプリケーションエンジニアリング ディレクター。16年間リセラープロダクトグループ、モバイルプラットフォームグループ、チャネルプラットフォームグループなどのさまざまなグループに在籍、また4年間上海と台北で働いていた。また、スタンフォード大学で学位、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを取得。

11:10 - 11:40
来たるエクサスケール時代に備えたペタスケールでの知見の適用
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
講演者プロフィール

ジョゼフ(ジョー)カーリーはインテルのエンタープライズ&ガーバメントグループでコードモダナイゼーション部門のシニア・ディレクターです。最新のマイクロプロセッサーや計算機インフラから、現在、そして、将来にわたり、エコシステム・パートナーが最大の効果を得られるように支援するプログラムを担当しています。ジョーは2007年にインテルに加わり、2010年5月に発表されたIntel®MIC アーキテクチャの製品プランを管理してきました。インテルに入社する前は、デルPrecisionワークステーションと消費者/中小企業デスクトップ製品を推進する仕事を数々のエンジニアリング担当業務とともに行いました。彼はそのキャリアを、グラフィックス先駆者ツェンLabsから始めています。

11:40 - 12:25
インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ プロセッサーを用いた並列プログラミング
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
講演者プロフィール

インテル® ソフトウエェア&サービス グループの開発製品部門の主要エンジニア。2000年にインテルに入社。社内外の並列コンピューティングを促進。2010年にインテルラボに移り、カリフォルニア大学バークレー校のユニバーサル並列コンピューティング研究センターやイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校など、学界のさまざまな研究プログラムのプログラムマネージャーに就任。インテルに入社する前は国防総省の高性能コンピューティング施設である米陸軍技術者研究開発センターMSRCのサイエンティフィックコンピューティングディレクターを務める。また、ルイジアナ州立大学の生化学の学士号、ファインバーグ医科大学の医学情報学のMS、アラバマ大学バーミングハム校分子遺伝学の博士号を取得。コンピューティングライフサイエンスやハイパフォーマンスコンピューティングに幅広く携わってきた。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で情報科学の第2博士号を取得して4年を過ごした後、インテルに再入社。そこでは、医療情報や化学暴露の問題に関する応用情報学と機械学習の専門知識を確立。

12:25 - 13:25
昼食&デモショーケース
13:25-14:10
AWSにおけるIoT/Bigdataソリューションについて
小梁川 貴史 (Takashi Koyanagawa)様, アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 IoTソリューションデザインチームソリューションアーキテクト
小梁川 貴史 (Takashi Koyanagawa)様, アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 IoTソリューションデザインチームソリューションアーキテクト
講演者プロフィール

2015/9 AWS入社、パートナーソリューションアーキテクトとしてAPNパートナーの技術支援を実施。2017/5 IoT専門の組織発足とともに現職に従事し、お客様のIoT導入支援、IoT関連のパートナーへの技術支援、エコシステムの構築を行っている。

14:10 - 14:20
休憩
14:20 - 15:05
インテルのCPUロードマップとUnityのマルチスレッドプログラミング
伊藤 周(Makoto Ito)様 , ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社エバンジェリスト
伊藤 周(Makoto Ito)様 , ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社エバンジェリスト
講演者プロフィール

株式会社セガでアーケードゲーム「頭文字D」「ガンダムカードビルダー」やモバイルゲーム「三国志コンクエスト」を開発。その後Unityに転職し、Unityエバンジェリストとして今に至る。実写インタラクティブVRコンテンツ「Hiyoshi Jump」や、ドローン操縦シミュレーター「Drone VR」等を開発。現在は空中を飛んで進んでいくVRゲーム「Spider Racer」開発中

15:05 - 15:25
休憩&ショーケース
15:25 - 16:10
インテル®IoTプラットフォームでよりインテリジェンスに!!
張 燦倫 (Luna Zhang), インテル株式会社 技術本部 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
張 燦倫 (Luna Zhang), インテル株式会社 技術本部 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
講演者プロフィール

2015 年から現職に従事。これまでソフトウェアの最適化、およびソフトウェア開発会社 (ISV) をイネーブルする業務に貢献。特にインテル IoT (Internet of Things) プラットフォームの最大パフォーマンスを実現するため、サードパーティの製品開発者への技術サポートを提供してきた。修士 (工学)。

16:10 - 16:20
休憩
16:20 - 17:05
インテルのオープンソース・ロボティクスプロジェクトのご紹介
酒本 幹夫 (Mikio Sakemoto), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
酒本 幹夫 (Mikio Sakemoto), インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
講演者プロフィール

インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア。アプリケーション・エンジニアとして、インテル® アーキテクチャーに対応いただくソフトウェア企業の多くのエンジニアの皆様をサポートしている。

2017年9月28日(木)

9:30 - 9:40
ご挨拶
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
講演者プロフィール

インテル コーポレーションのセールス & マーケティング・グループ 副社長 兼 インテル株式会社 代表取締役社長。日本のセールスおよびマーケティング業務を統括。2000 年に日本市場のリサーチ・マネージャーとしてインテルに入社。シニア・マーケティング職を歴任。最近では、アジア・フィック地域のマーケティング & コンシューマー・セールス・ディレクターとして、多様な地域全体にわたってブランドおよびプロモーション・マーケティング戦略と執行を指揮。また、インテル株式会社のマーケティング・ディレクターとして、ブランド、キャンペーン、製品 (デスクトップ、モバイル、組込みおよびサーバーを含む)、法人営業の責任者を務めた実績もある。日本におけるインテルブランド活性化の取り組みが評価され、2006 年にインテル・アチーブメント・アワードを受賞。
これまでの経歴は、1990 年にトマス・ジェファーソン大学病院で市場調査アナリストとしてキャリアをスタートし、その後、ペンシルベニア大学ヘルスシステムでシニア・リサーチ・アソシエント、JMRB Research International で調査企画次長を務める。社会学の学士号と修士号を取得。

9:40 - 10:25
インテルのソフトウェアリーダーシップと データーセンターソリューション
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
講演者プロフィール

インテル株式会社 執行役員 技術本部長。1988 年にインテルジャパン株式会社 (当時) に入社後、デザインセンターを経て、ナショナル・アプリケーション本部でテクニカル・マーケティング・エンジニアとしてハードウェア・ベンダーのサポートを行う。その後、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブック PC 開発やモバイル戦略を技術面より支える。これまでの経歴を活かし、2012 年より現職に従事。

10:25 - 10:40
休憩
10:40 - 11:10
インテルの最新不揮発性メモリソリューションでデータセンターが変わる
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM  データセンターAE ディレクター
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM データセンターAE ディレクター
講演者プロフィール

インテルコーポレーションの不揮発性メモリー・ソリューション・事業部 アプリケーションエンジニアリング ディレクター。16年間リセラープロダクトグループ、モバイルプラットフォームグループ、チャネルプラットフォームグループなどのさまざまなグループに在籍、また4年間上海と台北で働いていた。また、スタンフォード大学で学位、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを取得。

11:10 - 11:40
来たるエクサスケール時代に備えたペタスケールでの知見の適用
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
講演者プロフィール

ジョゼフ(ジョー)カーリーはインテルのエンタープライズ&ガーバメントグループでコードモダナイゼーション部門のシニア・ディレクターです。最新のマイクロプロセッサーや計算機インフラから、現在、そして、将来にわたり、エコシステム・パートナーが最大の効果を得られるように支援するプログラムを担当しています。ジョーは2007年にインテルに加わり、2010年5月に発表されたIntel®MIC アーキテクチャの製品プランを管理してきました。インテルに入社する前は、デルPrecisionワークステーションと消費者/中小企業デスクトップ製品を推進する仕事を数々のエンジニアリング担当業務とともに行いました。彼はそのキャリアを、グラフィックス先駆者ツェンLabsから始めています。

11:40 - 12:25
インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ プロセッサーを用いた並列プログラミング
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
講演者プロフィール

インテル® ソフトウエェア&サービス グループの開発製品部門の主要エンジニア。2000年にインテルに入社。社内外の並列コンピューティングを促進。2010年にインテルラボに移り、カリフォルニア大学バークレー校のユニバーサル並列コンピューティング研究センターやイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校など、学界のさまざまな研究プログラムのプログラムマネージャーに就任。インテルに入社する前は国防総省の高性能コンピューティング施設である米陸軍技術者研究開発センターMSRCのサイエンティフィックコンピューティングディレクターを務める。また、ルイジアナ州立大学の生化学の学士号、ファインバーグ医科大学の医学情報学のMS、アラバマ大学バーミングハム校分子遺伝学の博士号を取得。コンピューティングライフサイエンスやハイパフォーマンスコンピューティングに幅広く携わってきた。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で情報科学の第2博士号を取得して4年を過ごした後、インテルに再入社。そこでは、医療情報や化学暴露の問題に関する応用情報学と機械学習の専門知識を確立。

12:25 - 13:25
昼食&デモショーケース
13:25 - 14:10
インテル® データセンター・ブロック for HPCとインテル® Nervana™ プラットフォームの深層学習リファレンスフレームワークであるneonのご紹介
渡邉 恭助 (Kyosuke Watanabe), インテル株式会社 技術本部 プラットフォーム・アプリケーション・エンジニア
島田 直希 (Naoki Shimada), インテル株式会社 データセンターグループ AIテクニカル・ソリューション・スペシャリスト

講演者プロフィール

渡邉 恭助: 2014 年から現職。インテルXeonプロセッサーのアプリケーション・スペシャリストとして製品開発の技術サポートに従事している。

島田 直希: インテル株式会社 AIテクニカル・ソリューション・スペシャリスト。2017 年4月にインテル株式会社に入社し、AI領域におけるインテル® ソフトウェア開発製品の技術サポートを担当

14:10 - 14:20
休憩
14:20 - 15:05
インテル® SSDデータセンター・ファミリーの紹介と性能について
力 翠湖 (Midoriko Chikara) , インテル株式会社 技術本部 プラットフォーム・アプリケーション・エンジニア
千田 理路 (Riro Senda)様 , (株) 日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 DB部 主任技師

講演者プロフィール

力 翠湖: 2015年に現職に従事。これまでインテル® Xeon Phi製品のプラットフォーム開発技術サポートを担当。現在はインテル® SSD製品の技術サポートに取り組んでいる。

千田 理路様: 1997年よりソフトウェア事業部(当時)に所属して以降20年間、データベース製品の開発に従事し、性能チューニング、高信頼設計を中心にデータベース技術全般に関わってきた。

15:05 - 15:25
休憩&ショーケース
15:25 -16:10
インテル®FPGA SDK for OpenCL™によるFPGA開発手法
竹村 幸尚 (Yukitaka Takemura) , 日本アルテラ株式会社 AE部 ビジネス・デベロップメント・アプリケーション・エンジニア
竹村 幸尚 (Yukitaka Takemura) , 日本アルテラ株式会社 AE部 ビジネス・デベロップメント・アプリケーション・エンジニア
講演者プロフィール

特殊用途向け並列計算機、組み込み向けGPUの開発に携わった後、2014年に日本アルテラ株式会社へ入社。インテル® FPGA用高位合成ツールの技術サポートおよび当該ツールを応用した開発支援等に従事。豊富な開発経験と知識を活かし、FPGA設計に関する講演、執筆活動にも取り組む。

16:10 - 16:20
休憩
16:20 - 17:05
インテルの不揮発性メモリソリューション 3D XPoint™とそのプログラミングモデル
森 直之 (Naoyuki Mori), インテル株式会社 技術本部 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
森 直之 (Naoyuki Mori), インテル株式会社 技術本部 ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア
講演者プロフィール

インテル株式会社 ソフトウェア技術統括部のアプリケーション・エンジニア。組込機器メーカーで開発エンジニアを経て、2011 年よりインテル株式会社においてインテル® アーキテクチャーへのソフトウェア最適化支援業務に従事。データセンター・クラウド NFV の分野を担当。

2017年9月28日(木)

9:30 - 9:40
ご挨拶
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
江田 麻季子 (Makiko Eda), インテル株式会社 代表取締役社長
講演者プロフィール

インテル コーポレーションのセールス & マーケティング・グループ 副社長 兼 インテル株式会社 代表取締役社長。日本のセールスおよびマーケティング業務を統括。2000 年に日本市場のリサーチ・マネージャーとしてインテルに入社。シニア・マーケティング職を歴任。最近では、アジア・フィック地域のマーケティング & コンシューマー・セールス・ディレクターとして、多様な地域全体にわたってブランドおよびプロモーション・マーケティング戦略と執行を指揮。また、インテル株式会社のマーケティング・ディレクターとして、ブランド、キャンペーン、製品 (デスクトップ、モバイル、組込みおよびサーバーを含む)、法人営業の責任者を務めた実績もある。日本におけるインテルブランド活性化の取り組みが評価され、2006 年にインテル・アチーブメント・アワードを受賞。
これまでの経歴は、1990 年にトマス・ジェファーソン大学病院で市場調査アナリストとしてキャリアをスタートし、その後、ペンシルベニア大学ヘルスシステムでシニア・リサーチ・アソシエント、JMRB Research International で調査企画次長を務める。社会学の学士号と修士号を取得。

9:40 - 10:25
インテルのソフトウェアリーダーシップと データーセンターソリューション
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
土岐 英秋 (Hideaki Doki), インテル株式会社 執行役員 技術本部 本部長
講演者プロフィール

インテル株式会社 執行役員 技術本部長。1988 年にインテルジャパン株式会社 (当時) に入社後、デザインセンターを経て、ナショナル・アプリケーション本部でテクニカル・マーケティング・エンジニアとしてハードウェア・ベンダーのサポートを行う。その後、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブック PC 開発やモバイル戦略を技術面より支える。これまでの経歴を活かし、2012 年より現職に従事。

10:25 - 10:40
休憩
10:40 - 11:10
インテルの最新不揮発性メモリソリューションでデータセンターが変わる
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM  データセンターAE ディレクター
ビル・ボーレンジャー(Bill Bollengier), インテルコーポレーション 不揮発性メモリー・ソリューション事業部 CEM データセンターAE ディレクター
講演者プロフィール

インテルコーポレーションの不揮発性メモリー・ソリューション・事業部 アプリケーションエンジニアリング ディレクター。16年間リセラープロダクトグループ、モバイルプラットフォームグループ、チャネルプラットフォームグループなどのさまざまなグループに在籍、また4年間上海と台北で働いていた。また、スタンフォード大学で学位、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを取得。

11:10 - 11:40
来たるエクサスケール時代に備えたペタスケールでの知見の適用
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
ジョー・カーリー(Joe Curley), インテル コーポレーション データセンター事業本部 コードモダナイゼーション部門 ディレクター
講演者プロフィール

ジョゼフ(ジョー)カーリーはインテルのエンタープライズ&ガーバメントグループでコードモダナイゼーション部門のシニア・ディレクターです。最新のマイクロプロセッサーや計算機インフラから、現在、そして、将来にわたり、エコシステム・パートナーが最大の効果を得られるように支援するプログラムを担当しています。ジョーは2007年にインテルに加わり、2010年5月に発表されたIntel®MIC アーキテクチャの製品プランを管理してきました。インテルに入社する前は、デルPrecisionワークステーションと消費者/中小企業デスクトップ製品を推進する仕事を数々のエンジニアリング担当業務とともに行いました。彼はそのキャリアを、グラフィックス先駆者ツェンLabsから始めています。

10:40 - 12:25
近日公開予定の詳細
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
ヘンリー・ガブ (Henry Gabb), インテル コーポレーション ソフトウェア&サービス事業本部 シニア・プリンシパル・エンジニア
講演者プロフィール

インテル® ソフトウエェア&サービス グループの開発製品部門の主要エンジニア。2000年にインテルに入社。社内外の並列コンピューティングを促進。2010年にインテルラボに移り、カリフォルニア大学バークレー校のユニバーサル並列コンピューティング研究センターやイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校など、学界のさまざまな研究プログラムのプログラムマネージャーに就任。インテルに入社する前は国防総省の高性能コンピューティング施設である米陸軍技術者研究開発センターMSRCのサイエンティフィックコンピューティングディレクターを務める。また、ルイジアナ州立大学の生化学の学士号、ファインバーグ医科大学の医学情報学のMS、アラバマ大学バーミングハム校分子遺伝学の博士号を取得。コンピューティングライフサイエンスやハイパフォーマンスコンピューティングに幅広く携わってきた。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で情報科学の第2博士号を取得して4年を過ごした後、インテルに再入社。そこでは、医療情報や化学暴露の問題に関する応用情報学と機械学習の専門知識を確立。

12:25 - 13:25
昼食&デモショーケース
13:25 - 14:10
クラウドネイティブ・アプリケーション開発の普及に向けた富士通の取り組み
藤田壮吉 (Sokichi Fujita)様, 富士通株式会社 デジタルビジネスプラットフォーム事業本部 クラウドアーキテクト
藤田壮吉 (Sokichi Fujita)様, 富士通株式会社 デジタルビジネスプラットフォーム事業本部 クラウドアーキテクト
講演者プロフィール

2007年富士通株式会社入社。会計・人事ソフトウェア開発を経て、機械学習の適用やWebAPI基盤の業務等に従事。現在はクラウドサービス「K5」を開発する部署で、クラウドネイティブなアプリケーションを素早く作れる「K5Playground」を開発・提供し、デジタルビジネスの活性化に努めている。

14:10-14:20
休憩
14:20-15:05
インターネットインフラの変遷と、コンテナ化時代への潮流
前佛 雅人(Masahito Zembutsu)様, さくらインターネット株式会社 テクノロジーエバンジェリスト
前佛 雅人(Masahito Zembutsu)様, さくらインターネット株式会社 テクノロジーエバンジェリスト
講演者プロフィール

Docker公認トレーナー。2000年4月からISP・ホスティング事業のサポート業務に携わり、Linuxシステムの運用と監視に長らく従事。その後、監視システムの設計・運用や、特定業界向けシステム・プラットフォームの企画・運用、MSP事業の初期システムを構築。2016年7月からさくらインターネットに移り、各種の自動化技術を検証する傍ら、テクノロジーエバンジェリストとして活動する。

15:05-15:25
休憩&ショーケース
15:25-16:10
企業のフルクラウド化対応を支えるIIJの取り組み
鈴木透 (Tooru Suzuki)様,  株式会社インターネットイニシアティブ クラウド本部 クラウドサービス2部長
鈴木透 (Tooru Suzuki)様, 株式会社インターネットイニシアティブ クラウド本部 クラウドサービス2部長
講演者プロフィール

シンクタンクを経て2001年にIIJテクノロジー(2010年にIIJに統合)に入社。大手Webサービス、ECサイト、ゲームインフラなどの構築、プロジェクトマネージメントに携わる。2013年よりクラウドサービス「IIJ GIO」のセールス支援、サービス企画に参画。プリセールスから運用まで実践できる幅広い経験を活かし、2016年よりクラウドサービスの開発を担当。

16:10 - 16:20
休憩
16:20-17:05
エクイニクスデータセンター~デジタルトランスフォーメーションに 不可欠なInterconnection(相互接続)とビジネスエコシステム
内田武志(Takeshi Uchida)様,エクイニクス・ジャパン株式会社 グロー バル・ソリューション・アーキテクト
内田武志(Takeshi Uchida)様,エクイニクス・ジャパン株式会社 グロー バル・ソリューション・アーキテクト
講演者プロフィール

武蔵工業大学 電子通信工学科 卒業後、 ノーテルネットワークス㈱に入社。同
社でSEとしてキャリアをスタート。米シエナによるノーテル Metro Ethernet
Networks事業部の買収に伴い、 日本シエナコミュニケーションズ㈱に編入。シニア
エンジニアとして、パケットトランスポート装置、長距離光伝送、SDNやNFVなどの技
術営業や製品マーケティングに従事。同社在職中、東京理科大学大学院イノベーショ
ン研究科技術経営専攻(MOT)プログラムを修了。2015年 エクイニクス・ジャパン㈱に
Global Solutions Architectとして入社。Global Solutions Enablementチームの一
員として、相互接続(インターコネクション)を活用した企業情報システムのデジタ
ル変革の支援や、自社データセンターとクラウドサービスを活用した各種解決策の提
案を担当する。